スキップしてメイン コンテンツに移動

2014/08/19 しし座27度 「夜明け」



しし座27度 

「夜明け」Daybreak.

夜明けとは闇から光へ、月と星々との夜の世界が太陽の光の世界に反転していくとき。闇に射す光は天の啓示や発見のひらめきにたとえられます。天から大地に降りてくるものとしてたとえられる。その光は惑星と人を繋ぐ光の道。
26度で嵐の後の虹から使命を受け取った男は、27度で夜の次の、朝との間である夜明けを迎えます。
くらやみに太陽の光の筋が放射に広がるり、外に向かって自分の使命を押し出していく。
使命感に突き動かされる男は大げさで子供っぽい印象もあります。 
日の出の勢いといいますが、くろい
夜の隙間からオレンジの光が射し込みだんだんと広がっていくさまは、ひとびとに希望を与える荘厳さがある。
しかし、まだ目覚める用意のできていないひとにはまぶしすぎる、夜明けはちょっと迷惑な明るさかもしれません。




しし座24度で話題にした映画、夢と潜在意識をテーマにしたインセプションで、エディット・ピアフの水に流してがとても重要な役目をしていまし。目覚めと眠りがテーマになっているとも言えそうです。




太陽冥王星の女性って、なにか抗えない大きな力で夫や父親を突然奪われるという体験をしてるひとが多いですね。外から見たときにあのひと波瀾万丈だねって感じるような出来事に遭いやすい。でもバイタリティがあって、立ち上がっていくんですよ。その姿が人の心を打ち、共感と感動を呼ぶ。ピアフは水瓶天王星世代の反逆児。(天王星が水瓶座に滞在する7年間に生まれた人という意味ですが、この部分が強調されて現象化するひととしないひとがいる。ピアフは強くあらわれる方でしょう)。
生まれ時間は早朝だそうで、おうし座のおわりの方みたいです。30度の孔雀とか、28度の再びのロマンスにときめくA woman pursued by mature romance.あたりだとそのままピッタリという気がします。

コメント

このブログの人気の投稿

【アウトサイダーの人間占星術】①コリン・ウィルソン

チョー久しぶりに更新してみる。

ちょっと、鑑定疲れで息抜きに趣味のりーぢんぐなど、思いつきではじめてみてみてたりなんか。

おもしろそうだったら続くかも。































まず、アウトサイダーは、社会の枠の外にいる人で、
ホロスコープで言うとみずがめ座、うお座、
ハウスでいうなら10ハウスをこえた、11ハウス12ハウスに属する生きもののこと。

11ハウス、宇宙人
12ハウス、妖怪、幽霊、仙人、聖人、犯罪者。
とはいえ、アウトサイダーもアウトローも、12サインのそれぞれにもれなく存在いたします。

おひつじ-衝動的犯行?
おうし-所有欲が・・・。
ふたご-つい調子に乗っちゃって・・
かに-ファミリーのためならなんだってやるよ?
しし-ギャンブルのない人生なんて・・。
おとめ-完璧主義がいきすぎて・・?
てんびん-以外に多い腹黒てんびん・・?
さそり-愛に殉ずるのです?
いて-聖職者が性犯罪って案外あるよね・・?
みずがめ-頭良すぎてオカシイひとが・・?
うお-悪も善も突き詰めれば同じ・・みたいな。テキトーな感じですが、
ともかく12サインもれなく存在しますよ!ということで、よろしく。


革命家、変革者(みずがめ座-11ハウス)そして、聖職者、芸術家(うお座-12ハウス)
アーチスト、芸術家なんかは、若干タイプの違いはあれど、
うえのふたつのどちらにも多く存在しますね。
また、しし座5ハウス的アウトサイダーということだと、
自己表現が突き抜けすぎて、創造性が爆発しちゃうんだろうか?
爆弾犯とか結構いますよね。

犯罪を犯すことは社会からの逸脱で、精神の昇華、精神の飛翔といえなくもない。

でもさ、犯罪者はアウトサイダーじゃなくアウトローといわれるわけ。
インサイダーに対抗するアウトサイダーでいたつもりが、
いつのまにか、法律の外までも飛翔してしまい、
アウトロー(無法者)になっていた・・・みたいな感じ。
ということは、出発点は似ている。


まあ、
そんなことで、最初はやはりこの方でしょう。
コリン・ウィルソン大先生です!
astrodatabankリンク:http://www.astro.com/astro-databank/Wilson,_Colin
ホロスコープデータのレーティングランクはAなので、そこそこ信頼していい感じです。






コリン・ウィルソン(Colin Wilson1931年6月26日…

2015/11/03 さそり座11度 「救助される溺れた男」

さそり座11度
 「救助される溺れた男」A drowning man rescued.

「溺れる男」と「溺れるための水」と「救助する者」が登場します。
溺れるには水の中に飛び込む必要があり、
助ける側も水に飛び込むことで 危険を共有することになる。
 二人の人間が水の中にいる。
これは勇気ある行動でしょうか?
それとも無思慮な衝動的行動なのでしょうか。
助けるために飛び込む側は、知性ではなく、
多くは本能的、衝動的な瞬間の反応で動いています。
飛び込まれる水は情感であり、それは無意識に
人と人を結びつける愛情という接着剤です。

そもそも、はじめに
溺れている音はなぜ溺れていたのでしょう?
その男は人との関係を結ぶために、
積極的に自分を危機的状況に追い込むという究極の賭けに出た。
その呼びかけに応えた救助者が助ける者がいた。
助けを求めることと、助けたいと思うこと、
どちらが先か?甘えられ守られることを望む者と、
保護する相手を求める者は結ばれる運命にある。
助けたり助けられたりという関係は、概ね依存へとつなが りますが、
そこには間違いなく深い絆があるということです。

強い絆。愛と依存の関係、ただし、この賭けはリスクも大きい。

2014/08/20 しし座28度 「大きな木の枝にとまるたくさんの小鳥」

しし座28度 
「大きな木の枝にとまるたくさんの小鳥」
 Many little birds on a limb of a large tree.

いろんなことを思いつき、おもしろいことで頭がいっぱい。
子供が夢中で遊ぶときのように熱中し、楽しみを次々見いだしていく。
大きな事より身近な事に楽しみを見つける感覚です。

大きな仕事に取りかかったあとはそれが成功しようがしまいが、
その次の段階では幹の枝派にあたる日常のちいさな仕事に取りかかることになっていきます。
使命感に突き動かされる緊張感から解放され、普通の生活にくつろぎと希望を見いだします。
大きな使命のためには日常を整えることが必要であるという気づき。
28では獅子座でありながら次のサインの乙女座に意識が向かい始めます。
まだ形のない理想の実現のために、具体的な作業にはいる度数でもあります。

大きな木に集まる小鳥たちは、それぞれに飛び周り、また木に帰ってくる。木の上で得たものを持ちだし運び、新たなものをまた持ち帰る。収集し拡散し収束させる。情報のネットワークを広げてつなぎ共有する。そんなイメージも湧きます。












水と風と火のトライアングルは風のような透明感と浸透圧の高い水のような声と音と突き刺さる言葉。太陽天王星のきれいな90度、水星と冥王星も90度。誰にも似ていない独自の世界を追求して、たどり着いてしまいます。月がしし座なのは、昔なら意外だなって思ったかもですが、今はああそうなんだ・・・って納得できてしまいます。似たものがいな、普通であることはありえない。 スピッツはむかしよくきいてました。わたしはマサムネくんにエロスは感じないんですが、すばらしくエロいんだ!と主張している友人がいます。(たぶん言い方はぜんぜん違うと思いますがw)これでおうし座と180度ができてたらひとめでエロス全開な感じだったかもなーと思いますが。くだんの友人は太陽水瓶座、火星がさそり座と思い出し( ´_ゝ`)フムフムと頷いてしまいました。わたしの太陽は、マサムネくんの水星太陽のあたりになるんですね。金星と海王星のあたりも似てる。