スキップしてメイン コンテンツに移動

2014/08/14 しし座22度 「伝書鳩」




しし座22度 

「伝書鳩」A carrier pigeon.



伝書鳩はあるじのために使命を果たす。鳩は天上と地上をつないで空を飛ぶメッセージの担い手です。メッセージを受け取り、メッセージを手渡すという役割を無心に果たす。21度で自分に中毒しジャンプを試みた鶏は、そのさきで神からのメッセージを受け取りました。そして、そのメッセージを携えて22度で着地して、人々にメッセージを手渡すために働く伝書鳩になるのです。高揚から安定へ、21度の跳躍から22度の着地への受け渡しが行われます。多くの人に貢献する伝書鳩の使命を果たせるのは、冒険のジャンプによる失敗の経験を経たものだけなのかもしれません。真の貢献は墜落のいたみと絶望を知ったあとでしか果たせない。


鳩、というとわたしはまんしゅうきつこさんのブログを思いだします!
しらないひとは損してると思うよー。



精神科医の加藤清さんの貴重な動画を見つけました。「創造の病」について語っておられます。出口なおさんをケースに。

狐憑きと狸憑きの余談とかめちゃおもしろいで(≧∇≦)/
※後半、動作のおかしいところがあります。

加藤清さんと上野圭一さんの「あの世とこの世の風通し」で、メスカリンを合成して回し飲みして、実験したというくだりがありました。そんな時代が日本にもあったのか・・・と驚いた記憶があります。この本の中で加藤さんは、「寂体」とか「ディープエコロジーエンカウンター」という言葉を出していました。加藤さんの造語だったと思います。あと、カタカムナの「な」についてが興味深かったです。「あんた、それはそう違うで、こうやろが。」と突き放すのではなく、「あのな、あんたな、そやけどな、」と畳み掛ける、心に響いて受け入れられる言葉の音の効果があるというような。いまちょっと手元に本がないので正確ではないかもしれませんが、とても深い本です。

この世とあの世の風通し―精神科医加藤清は語る
加藤 清 上野 圭一
春秋社
売り上げランキング: 762,341

癒しの森―心理療法と宗教
加藤 清 井上 亮 黒木 賢一 實川 幹朗
創元社
売り上げランキング: 152,949

コメント

このブログの人気の投稿

【アウトサイダーの人間占星術】①コリン・ウィルソン

チョー久しぶりに更新してみる。

ちょっと、鑑定疲れで息抜きに趣味のりーぢんぐなど、思いつきではじめてみてみてたりなんか。

おもしろそうだったら続くかも。































まず、アウトサイダーは、社会の枠の外にいる人で、
ホロスコープで言うとみずがめ座、うお座、
ハウスでいうなら10ハウスをこえた、11ハウス12ハウスに属する生きもののこと。

11ハウス、宇宙人
12ハウス、妖怪、幽霊、仙人、聖人、犯罪者。
とはいえ、アウトサイダーもアウトローも、12サインのそれぞれにもれなく存在いたします。

おひつじ-衝動的犯行?
おうし-所有欲が・・・。
ふたご-つい調子に乗っちゃって・・
かに-ファミリーのためならなんだってやるよ?
しし-ギャンブルのない人生なんて・・。
おとめ-完璧主義がいきすぎて・・?
てんびん-以外に多い腹黒てんびん・・?
さそり-愛に殉ずるのです?
いて-聖職者が性犯罪って案外あるよね・・?
みずがめ-頭良すぎてオカシイひとが・・?
うお-悪も善も突き詰めれば同じ・・みたいな。テキトーな感じですが、
ともかく12サインもれなく存在しますよ!ということで、よろしく。


革命家、変革者(みずがめ座-11ハウス)そして、聖職者、芸術家(うお座-12ハウス)
アーチスト、芸術家なんかは、若干タイプの違いはあれど、
うえのふたつのどちらにも多く存在しますね。
また、しし座5ハウス的アウトサイダーということだと、
自己表現が突き抜けすぎて、創造性が爆発しちゃうんだろうか?
爆弾犯とか結構いますよね。

犯罪を犯すことは社会からの逸脱で、精神の昇華、精神の飛翔といえなくもない。

でもさ、犯罪者はアウトサイダーじゃなくアウトローといわれるわけ。
インサイダーに対抗するアウトサイダーでいたつもりが、
いつのまにか、法律の外までも飛翔してしまい、
アウトロー(無法者)になっていた・・・みたいな感じ。
ということは、出発点は似ている。


まあ、
そんなことで、最初はやはりこの方でしょう。
コリン・ウィルソン大先生です!
astrodatabankリンク:http://www.astro.com/astro-databank/Wilson,_Colin
ホロスコープデータのレーティングランクはAなので、そこそこ信頼していい感じです。






コリン・ウィルソン(Colin Wilson1931年6月26日…

2015/11/03 さそり座11度 「救助される溺れた男」

さそり座11度
 「救助される溺れた男」A drowning man rescued.

「溺れる男」と「溺れるための水」と「救助する者」が登場します。
溺れるには水の中に飛び込む必要があり、
助ける側も水に飛び込むことで 危険を共有することになる。
 二人の人間が水の中にいる。
これは勇気ある行動でしょうか?
それとも無思慮な衝動的行動なのでしょうか。
助けるために飛び込む側は、知性ではなく、
多くは本能的、衝動的な瞬間の反応で動いています。
飛び込まれる水は情感であり、それは無意識に
人と人を結びつける愛情という接着剤です。

そもそも、はじめに
溺れている音はなぜ溺れていたのでしょう?
その男は人との関係を結ぶために、
積極的に自分を危機的状況に追い込むという究極の賭けに出た。
その呼びかけに応えた救助者が助ける者がいた。
助けを求めることと、助けたいと思うこと、
どちらが先か?甘えられ守られることを望む者と、
保護する相手を求める者は結ばれる運命にある。
助けたり助けられたりという関係は、概ね依存へとつなが りますが、
そこには間違いなく深い絆があるということです。

強い絆。愛と依存の関係、ただし、この賭けはリスクも大きい。

骨折事例 火星ドラゴンヘッド

骨折の事例です。


骨折というと、
トランジットとネイタルの火星天王星コンビという刷り込みが
今までのリーディング経験からあったのですが、

2017年も押し迫った11月の後半と12月のクリスマス過ぎ、
2度同じ場所でほぼ同じ箇所を、ほぼ同じ状況で骨折した女性がいます。
80代の方なのですが。この方は天王星回帰を2017年4月と11月にむかえており、
4月と11月はn海王星とt海王星の180°もありましたし、冥王星の180°もそろそろかな…という時期。

この天王星回帰時前後のトランジットチャートのどちらにも
火星とドラゴンヘッドのアスペクトが見られます。
12月の現在も火星とドラゴンヘッドは90°で、火星木星合のため派手に出た感じもあり。
火星木星もドラゴンヘッドも、
この方の出生チャートに目立つアスペクトはとっていませんが、
この方はみずがめ座にドラゴンヘッドがある。

(出生時間がわからないために、生まれ時間によっては
事故のときの火星ドラゴンヘッドがASCなどのアングルにかかっていることがあったり、
ということもあるかもしれないなと思ったりはしますが、ないかもしれません。)

出生図を見るとてんびん座に太陽・木星、
冥王星はかに座ですので今回帰しているおひつじ座の天王星と、
活動のT字スクエアになります。
月水星はそり座に合って合になっている。

礼儀正しく知的で可愛らしく、
センスもよくおしゃれな方ですが、
軽度の認知症で徘徊が出てきている。
そのほかには、
軽い腰痛くらいで身体的な病気はありません。

ただ、この方は細かい訴えが多く、
自分の欲求が満たされないとよく嘘をつくということがある。
嘘というのは正確ではないかもしれません、
自分の都合の良い用に思い込む、というのが近いのかも。
自分のものを自分のものではないと言ったり、
人のものを自分のものと言ったりということもよくある。
見た目が新しくきれいなものを自分のものと思いがちで、
色あせて毛玉がついてきた衣類などを、
こんなのは私のものじゃないと言ったりがよくある。

自己正当化のためのうそ、という見方もできなくはなく、
「娘と夫が仲がよくて自分を邪魔にして、
私を病院や施設に追いやろうとする」
というような被害妄想的なドラマをつくってひとに語ります。

また、
怪我や病気で介護サービスを利用して病院に行ったあと